唾液囊胞 ~ アヒルのくちばしの組織内に閉じ込められた唾液の蓄積

唾液腺の損傷、感染、または機能不全の結果としてアヒルのくちばしの組織内に閉じ込められた唾液の蓄積です。それは、獣医によって迅速に治療されなければ、唾液腺...

記事を読む

サルモネラ症 ~ 急性敗血症、関節炎、または呼吸器疾患として現れることもある

サルモネラ症はサルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染性の細菌性疾患です。サルモネラはヒトと同様に広範囲の動物種に感染します。 サルモネラ...

記事を読む

腸管の吸虫症 ~ 寄生虫を含む淡水産の巻貝を食べることによってアヒルに感染します

腸管吸虫(Cyathocotyle bushiensisとSphaeridiotrema globulus)は、アヒルの下部小腸および盲腸に寄生し、損傷...

記事を読む

砂嚢虫感染症 ~ 特定の種類の回虫(線虫)によって引き起こされる寄生虫症

砂嚢虫感染症は、砂嚢虫(Amididostomum sppおよび、Epimidiostomum spp)と呼ばれる特定の種類の回虫(線虫)によって引き起...

記事を読む

アヒルのビタミンA欠乏症 ~ 新鮮な青菜や水鳥専用の飼料を与えましょう

ビタミンAは、必須の脂溶性分子であり、ビタミンAには2つの種類があります。 レチノイドと呼ばれる1つのグループは動物由来であり、レチノールが含...

記事を読む

眼の損傷 ~ アヒルやその他の水鳥では眼の損傷が比較的よく起こります

アヒルやその他の水鳥では、眼の損傷が比較的よく起こります。眼の損傷には、まぶた、眼の周囲の骨、眼球自体が含まれます。 眼の外傷にはさまざまな種...

記事を読む

眼感染症 ~ 眼の感染症には、ウイルス、細菌、真菌があります

眼の感染症には、ウイルス、細菌、真菌があります。また、患部の部分によって呼び方が異なります。例えば、結膜(まぶたの内側の膜と目の表面の内側の角)が侵され...

記事を読む

結膜炎 ~ アヒルでは片眼または両眼で発生します

結膜炎は結膜(まぶたの内膜と目の表面の内側の角)の刺激および炎症です。アヒルでは片側性(片目で)または両側性(両眼で)に発生します。結膜炎の原因には以下...

記事を読む

白内障 ~ 抗酸化物質やオメガ3脂肪酸を多く含む食餌を摂ることが白内障の予防に役立つ

白内障は眼の水晶体が濁る病気です。白内障はさまざまな理由でアヒルに発生する可能性がありますが、白内障発生理論の1つは、多くの白内障がアヒルの水晶体の酸化...

記事を読む

鼻涙管閉塞 ~ アヒルの涙管の閉塞

鼻涙管閉塞は、アヒルの涙管の閉塞です。肥厚、腫れ、炎症、異常な組織増殖(鼻茸など)、腫瘍などにより、管の狭窄の結果として発生します。 原因によ...

記事を読む

失明 ~ 病気や片眼または両眼のけがのために失明することもあります

ときにアヒルは、病気や片眼または両眼のけがのために失明することもあります。人と同じように、盲目は物事をより難しくすることがありますが、幸せで健康な生活を...

記事を読む

卵管炎 ~ 通常、感染症または腹膜炎を伴います

卵管炎は卵管の炎症であり、通常感染症、ときに腹膜炎を伴います。原因菌は多種多様ですが、アヒルの大腸菌 (大腸菌症) 、 パスツレラ・ムルトシダ (家禽コ...

記事を読む

腹膜炎 ~ 一般的には過剰交配または過剰な産卵によって引き起こされる

腹膜炎はアヒルの腹膜が炎症を起こした状態で、卵の成分が誤って体中を移動し、腹部に沈着します。腹膜炎は、過体重のアヒル、遺伝的素因のあるアヒル、過剰に産卵...

記事を読む

卵管脱 ~ アヒルの雌の卵管が体の外に飛び出したときに起こります

卵管脱は、アヒルの雌の卵管(内部産卵管)が体の外に飛び出したときに起こります。突出量は通常子宮部であるが、ときに腟および卵管の他の部分が脱出することがあ...

記事を読む

卵黄性腹膜炎 ~ 破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜に存在することによって引き起こされる炎症反応

卵黄性腹膜炎は、破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜(アヒルの腹部と大部分の器官の内側を覆う薄い層の組織)に存在することによって引き起こされ...

記事を読む

産卵低下症候群 ~ 柔らかい殻のある無殻卵の産卵が特徴

産卵低下症候群 (EDS) は、健康な雌の鳥における柔らかい殻のある無殻卵の産卵を特徴とする生殖状態です。産卵低下症候群 (EDS)は、多くの野生および...

記事を読む

アヒルの卵塞症(卵つまり) ~ 雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題

卵塞症は、雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題です。卵が正常な期間内に卵管を通過できないことと定義されます。卵塞症が起こると、卵管の遠位部に本来ある...

記事を読む

尻つつき ~ 周囲の皮膚や下層組織に損傷を与え致命的となる場合がある

総排泄腔のつつきは、雌鶏が他の雌鶏の総排泄腔を狙ってつつくため、周囲の皮膚や下層組織に損傷を与えます。迅速な介入がない限り、攻撃を受けた雌鶏にとって致命...

記事を読む

足指・爪の損傷 ~ 早急に対処しなければ重大な失血が起こります

ニワトリは失血を伴う爪の亀裂や損傷を引き起こす場合があります。爪が完全に折れて出血している場合、爪が割れているか折れていて緩んでいる場合、爪が割れている...

記事を読む

雄鶏に関連する交尾損傷 ~ 過剰交配により雌鶏が怪我をする場合があります

通常、雄鶏は雌鶏に怪我をさせることなく交尾します。しかし、ある種の鶏は交配中に攻撃的になったり、ある種の鶏と過剰交配したりします。 また、ある...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280