鶏卵吸虫

鶏卵吸虫(Prosthogonimus ovatus)、虫体は、3~6 x 1~2mm、扁平で幅広く、生殖口は口吸盤の側方に開く。 虫卵は暗褐...

記事を読む

鮭中毒吸虫

鮭中毒吸虫(Nanophyetus salmincola)、Troglotrematidae科に属し、虫体は白色ないしクリーム色、0.8~1.1 x 0...

記事を読む

季節性再発性気道閉塞(Seasonal Recurrent Airway Obstruction) ~ 通常、春の終わりから夏にかけての放牧時に臨床症

夏季牧草関連再発性気道閉塞 (SPA‐RAO) としても知られる季節性再発性気道閉塞は馬の季節性気道閉塞性疾患であり、夏の間の牧草への曝露後の臨床的悪化...

記事を読む

壺形吸虫

壺形吸虫(Pharyngostomum cordatum)、Diplostomatidae科の吸虫は特異な形をもち、壺形吸虫は壺状で、壺の蓋状の特殊な付...

記事を読む

浅田棘口吸虫

浅田棘口吸虫(Echinostoma hortense)、Echinostomatidae科に属し、虫体は8~14 x 0.9~1.6mm、体前端が頭冠...

記事を読む

高橋吸虫

高橋吸虫(メタゴニムス・タカハシアイ:Metagonimus takahashii)、虫体の特徴は前種とほとんど異なりませんが、虫卵がおおきい(30~3...

記事を読む

横川吸虫

横川吸虫(Metagonimus yokogawai)、Heterophyidae科に属し、虫体は微小で、1~1.6 x 0.4~0.7mm、腹吸盤と生...

記事を読む

ネズミ斜睾吸虫

ネズミ斜睾吸虫(プラギオキス・ムリス:Plagiorchis muris)、Plagiorchiidae科の吸虫で、虫体は0.8~2.2 x 0.2~0...

記事を読む

肥大吸虫

肥大吸虫(ファシオロプシス・ブスキ:Fasciolopsis buski)、Fasciolidae科に属する本種は大形、肉厚の吸虫で、肝蛭との違いは腸管...

記事を読む

佐渡肺吸虫

佐渡肺吸虫(Paragonimus sadoensis)、虫体は7 x 4mm、虫卵は70~86 x 37~48㎛で大平肺吸虫卵に似ている。 ...

記事を読む

進行性篩骨血腫(Progressive Ethmoidal Hematoma) ~ 10歳齢前後の成馬に多く発症します

進行性篩骨血腫 (PEH) は馬の鼻または副鼻腔に形成される局所的破壊性ポリープ様腫瘤です。粘膜被膜が断続的に分裂し、片側または両側の鼻孔から血性の分泌...

記事を読む

ヌミンバ馬疫(Numinbah Horse Sickness) ~ 慢性肺疾患を引き起こします

ヌミンバ馬疫は、キク科ヒヨドリバナ属(フジバカマの仲間)、(ユーパトリウム・アデノフォラム(Eupatorium adenophorum)、アゲラティナ...

記事を読む

宮崎肺吸虫

宮崎肺吸虫(Paragonimus miyazakii)、虫体は、9.2~12.5 x 5.0~6.0mm、全体的に細長い。 虫卵は、62~8...

記事を読む

小型大平肺吸虫

小型大平肺吸虫(Paragonimus iloktsuenensis)、虫体は、5.5~10.7 x 2.5~5.0mm、虫卵は、70~95 x 46~...

記事を読む

大平肺吸虫

大平肺吸虫(Paragonimus ohirai)、成虫は7.1~8.5 x 3.4~4.2mm、ウエステルマン肺吸虫に似ていますが、体表上の皮棘の形、...

記事を読む

ウエステルマン肺吸虫

ウエステルマン肺吸虫(Paragonimus westermani)、成虫は7~16 x 4~8mm(厚さ2~5mm)、虫卵は54~96 x 38~61...

記事を読む

小型膵蛭

小型膵蛭(ユウトレーマ・コエロマティクム:Eurytrema coelomaticum)、体長5~8、体幅3~5mm、中央部がもっとも幅広い。膵蛭との主...

記事を読む

鼻咽頭瘢痕症候群(Nasopharyngeal Cicatrix Syndrome (NCS)) ~ 放牧地における環境刺激物への暴露に関連していると考えられている

鼻咽頭瘢痕症候群 (NCS) は、咽頭が炎症および刺激される馬の上気道の状態です。時間の経過とともに、炎症は瘢痕化を引き起こし、気道を狭小化および収縮さ...

記事を読む

膵蛭

膵蛭(ユウトレーマ・パンクレアティクム:Eurytrema pancreaticum)、薄くて木葉状の吸虫で、生時は暗赤色血塊状です。 体の中...

記事を読む

Paramphistomum explanatum

Paramphistomum explanatum、大形の双口吸虫で、10~15 x 5~6mm、淡紅色、後吸盤が特におおきい。 水牛、牛の胆...

記事を読む

鼻ポリープ(Nasal Polyps) ~ 膿性鼻汁の排出が慢性的に見られる

鼻ポリープ(鼻茸)は、軟らかく、痛みを伴わない良性の炎症性腫瘍で、馬の上気道に影響を及ぼすことがあります。馬の鼻腔に単一または複数の腫瘤として片側性に発...

記事を読む

槍形吸虫

槍形吸虫(ディクロコエリウム・キネンシス:Dicrocoelium chinensis)、虫体は扁平で柳葉状(ランセット状)、前端は後端より尖り、2個の...

記事を読む

肝吸虫

肝吸虫(Clonorchis sinensis)、へら(箆)形吸虫という異名があるように細長い竹葉状で薄く、10~25 x 2~3mm、新鮮時には暗赤色...

記事を読む

Fascioloides magna

巨大肝吸虫:Fascioloides magna(large American fluke)、大形で長さ10cm、幅3cmに達しますが、肝蛭との違いは頭...

記事を読む

巨大肝蛭

巨大肝蛭(Fasciola gigantica)、肝蛭にくらべて大きく(25~75 x 3~12mm)、帯状で体の前後における体幅の差が少ない。体の後端...

記事を読む

肝蛭

肝蛭(Fasciola hepatica)、Fasciola属の吸虫は大形で木葉状を呈し、頭円錐が明瞭に突出します。体表には皮棘という鱗片状の突起が密生...

記事を読む

肺虫(Lungworm) ~ 通常は慢性的な咳を伴います

肺虫は、寄生生物であるジクチオカウルス・アルンフィエルジ(Dictyocaulus arnfieldi)によって引き起こされる馬の下気道感染症です。 ...

記事を読む

平腹双口吸虫

平腹双口吸虫(Homalogaster paloniae)、他の種と異なり牛の盲腸に寄生し、また扁平です。体長16~18mm、体幅8~9mm、体は前後の...

記事を読む

長形双口吸虫

長形双口吸虫(Fischoederius elongatus)、大形で、体長10~20mm、体幅2~4mm 紡錘形で生時は赤褐色で腹嚢がありま...

記事を読む

Calicophoron calicophorum

Calicophoron calicophorum、大形で体長10~13mm、体幅5.8~7.5mm 円錐形、白色ですが体の前後端は赤色を帯び...

記事を読む

Orthocoelium streptocoelium

Orthocoelium streptocoelium、小形で体長6.6mm、体幅1.8mm 生時は白色、ときには淡紅色で体の前半はまっすぐで...

記事を読む

市川双口吸虫

市川双口吸虫(Paramphistomum ichikawai)、体長5~6.6mm、体幅2~3mm 短円錐形で、生鮮時は淡紅色 虫...

記事を読む

五島双口吸虫

五島双口吸虫(Paramphistomum gotoi)、体長5~7.3mm、体幅2~3mm 長円錐形、虫体の前方3/5の体表は小突起で覆われ...

記事を読む

炎症性気道疾患(Inflammatory Airway Disease) ~ 気道の炎症と気道過敏性が特徴

下気道炎症(LRTI)とも呼ばれる炎症性気道疾患(IAD)は、呼吸器の健康状態の悪化とパフォーマンスの低下の一般的な原因です。 すべての馬術分...

記事を読む

喉頭片麻痺(Laryngeal Hemiplegia) ~ 反回神経の異常に起因して気道狭窄と呼吸障害を起こす疾患

反回(喉頭)神経ニューロパシー(RLN)は、一般的に「喘鳴」や「喉頭片麻痺」とも呼ばれ、馬の肺への空気の流れが悪くなる、パフォーマンスを制限する一般的な...

記事を読む

シカ双口吸虫

シカ双口吸虫(Paramphistomum cervi)、体長6~12mm、体幅2~4mm 長円錐形で生鮮時は赤味を帯びる 虫体はわ...

記事を読む

Schistosoma spindale(シストソーマ・スピンダーレ)

Schistosoma spindale(シストソーマ・スピンダーレ)、雄5.6~13.5mm、雌7.2~16.2mm 虫卵は、160~190...

記事を読む