セフタジジム(Ceftazidime) ~ 特にシュードモナスやその他のグラム陰性菌感染症に使用されます

セフタジジムは、半合成の広域スペクトルのセファロスポリン系抗生物質です。 特にシュードモナスやその他のグラム陰性菌感染症に使用されます。 投与...

記事を読む

セフキノム(Cefquinome) ~ ヨーロッパではニワトリなどの家畜に使われています

セフキノムは抗菌活性を有する半合成の広域スペクトル第4世代セファロスポリンです。ヨーロッパではニワトリなどの家畜に使われています。 セフキノム...

記事を読む

セフォキシチン(Cefoxitin) ~ 嫌気性菌を含む広範囲のグラム陰性菌に対して有効です

セフォキシチンは、第2世代のセファロスポリン、半合成、広域スペクトル抗生物質です。嫌気性菌を含む広範囲のグラム陰性菌に対して有効です。 剤型 ...

記事を読む

セフォタキシム(Cefotaxime) ~ グラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に対して比較的広いスペクトルの活性を有します

セフォタキシムは第三世代のアミノチアゾリルセファロスポリン系抗生物質で、クラフォランのブランドで販売されています。セフォタキシムはグラム陽性菌とグラム陰...

記事を読む

セファゾリン(Cefazolin) ~ 多くの細菌感染症の治療に用いられます

セファゾリンは非経口投与用の半合成第一世代セファロスポリンです。セファゾリンは細菌の細胞壁合成を阻害することにより広域抗生物質作用を有します。 ...

記事を読む

セファドロキシル(Cefadroxil) ~ セファロスポリン抗菌薬

セファドロキシルは広域スペクトルの第一世代セファロスポリン系抗菌薬です。経口投与され、消化管から完全に吸収されます。 投与量 100...

記事を読む

カルプロフェン(リマダイル) ~ 疼痛緩和のために家禽に投与される鎮痛消炎薬

カルプロフェン (リマダイル) は、疼痛緩和のために家禽に投与される経口または注射可能な鎮痛消炎薬です。 非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID...

記事を読む

カルニダゾール(Carnidazole) ~ トリコモナス症、ヘキサミタ症、およびヒストモナス症の治療に用いられます

カルニダゾール(カルバモチオン酸)はニトロイミダゾール系の抗原虫薬であり、ハトのトリコモナス症 (潰瘍) 、ヘキサミタ症、およびヒストモナス症の治療に用...

記事を読む

カルベニシリン(Carbenicillin) ~ 広域スペクトルの半合成ペニシリン抗生物質

カルベニシリンは、殺菌性およびβラクタマーゼ耐性活性を有する広域スペクトルの半合成ペニシリン抗生物質です。 投与量 100~200m...

記事を読む

乳酸カルシウム (カルホサン) ~ 活発に産卵し軟らかい殻の卵を産む疑いのある雌の鳥に最も頻繁に与えられます

乳酸カルシウム (カルホサン) は、非常に低い血清カルシウムレベルの鳥の緊急治療として使用され、注射剤で販売されています。 活発に産卵し、卵結...

記事を読む

カルシウムEDTA ~ 消化管から鉛や亜鉛が吸収されるのを防ぐために用いられます

カルシウムEDTA (CaNa 2 EDTA) は、一般的なキレート剤であり、筋注または経口投与が可能です。消化管から鉛や亜鉛が吸収されるのを防ぐために...

記事を読む

ブトルファノール(Butorphanol) ~ 鳥類の急性疼痛管理に用いられ最も頻繁に処方される鎮痛薬のひとつ

ブトルファノール(スタドール、トルブゲシック、トルブトロール)は強力な鎮痛および咳抑制薬です。主に手術中および手術後の使用のため、鳥類の急性疼痛管理に用...

記事を読む

次サリチル酸ビスマス (ペプトビスモル) ~ 制酸剤

次サリチル酸ビスマス (ペプトビスモル) は制酸剤であり、サリチル酸のビスマス塩です。ほとんどの種の鳥では、弱い吸収剤または粘滑剤として役立つことがあり...

記事を読む

バンベルマイシン(Bambermycin) ~ アイメリア種に起因するコクシジウム症の予防

バンベルマイシン (フラボマイシン) は、 ストレプトマイセス属(Streptomyces bambergiensis)および(Streptomyces...

記事を読む

バシトラシン(Bacitracin) ~ 局所用抗生物質軟膏ネオスポリンとして知られています

バシトラシンは、主に3剤配合の局所用抗生物質軟膏「ネオスポリン」として知られています。また、グラム陽性菌による特定の感染症に対する薬用飼料添加物として、...

記事を読む

アビラマイシン(Avilamycin) ~ ニワトリ、七面鳥、ブタ、ウサギの動物用に作られた市販飼料に含まれるオルソマイシン抗生物質

アビラマイシンは、細菌性腸管感染症を制御するためにニワトリ、七面鳥、ブタ、ウサギの動物用に作られた市販飼料に含まれるオルソマイシン抗生物質です。 ...

記事を読む

アトロピン(Atropine) ~ 眼の病態、特定の心疾患、中毒、一部の消化器疾患の治療に用いられる

アトロピンは、眼の病態、特定の心疾患、中毒、一部の消化器疾患の治療に用いられる薬物です。アトロピンは抗コリン薬の一種で、この薬は、神経細胞間の電気刺激の...

記事を読む

アスピリン(Aspirin) ~ 鎮痛薬、解熱薬、抗炎症薬として用いられます

アスピリンは非ステロイド性抗炎症薬の一種であり、アセチルサリチル酸またはASAの通称であり、鎮痛薬、解熱薬、抗炎症薬として用いられます。 アス...

記事を読む

アスコルビン酸(ビタミンC) ~ 酸化損傷から細胞を保護し免疫系機能を改善します

アスコルビン酸(ビタミンC)は水溶性抗酸化化合物であり、酸化損傷から細胞を保護し、免疫系機能を改善します。ビタミンCは、タンパク質、脂質およびカルニチン...

記事を読む

アプラマイシン(Apramycin) ~ 黄色ブドウ球菌、多くのグラム陰性菌、および一部のマイコプラズマ株に対して活性を示す

アプラマイシンはアミノグリコシド系と非常によく似た化学構造をもつアミノシクリトール系抗生物質ですが、多くのアミノグリコシド系不活性化酵素の作用を受けない...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280